オフィスに設置されているウォーターサーバー

タンクが大きいウォーターサーバー

ウォーターサーバーは最近家庭での普及が広まっています。ショッピングモールなどで試用機の紹介ブースが設置されていたりします。ではオフィスではどうかですが、元々はオフィス用としていろいろなところで設置され、それが家庭用に改良されてきたようです。提供する業者も家庭用よりもオフィス用の方が多いかもしれません。オフィスでは多くの人が利用しますが、家庭用のタンクだとすぐに水が無くなってしまいます。そこで家庭用よりも大きなタンクが設置できるようになっています。何度もタンクを取付けたり取り外したりをする必要はありません。タンクが小さいと水切れの状態が起きやすくなりますが、大きなタイプだと水切れも起きにくく、常に使える状態です。

スリムタイプと幅広タイプのウォーターサーバー

オフィスでは社員の他お客さんなどもいます。社員が仕事中に飲む飲料水や、お客さんに出す飲み物用としてウォーターサーバーを導入する会社もあり、うまく活用しているようです。オフィスはスペースを有効活用しないといけないので、ウォーターサーバーで場所を取りたくない時もあります。それならスリムタイプが最適です。キャビネットとキャビネットの間などに置いたりできます。一方であえて幅広タイプのウォーターサーバーを選ぶオフィスもあります。幅広いタイプなら複数人で同時に利用などができます。一人ずつしか利用できないとお昼時間などに行列ができる時もありますが、同時に複数人が利用できるタイプなら行列も解消できるでしょう。

ウォーターサーバーを赤ちゃんのいる家庭で使うときも赤ちゃんがうっかりお湯に触らないように、お湯を注ぐ時には一度押してからでないと出ないなどの工夫がされています。

© Copyright Easily Drink Water. All Rights Reserved.